2日目を迎えた『JAPAN FESTIVAL COLLECTION IN OSAKA〜祭りの祭り〜』は、大盛り上がりでフィナーレ!

2019年10月26日(土),27日(日)

万博記念公園 お祭り広場

10月26日(土)、27日(日)の両日、万博記念公園お祭り広場で行われたのが、『JAPAN FESTIVAL COLLECTION IN OSAKA〜祭りの祭り〜』。日本全国からその名を知られている祭りが集合したほか、ライブや盆踊りなども楽しめる、まさに “祭りの祭り”という名前がふさわしいイベントです。2日目となる28日(日)も、初日に負けない盛り上がりを見せてくれました。

2日目を迎えた『JAPAN FESTIVAL COLLECTION IN OSAKA〜祭りの祭り〜』は、大盛り上がりでフィナーレ!

ステージ両脇には、初日に引き続き、地車が設置され、イベントを盛り上げます。オープニングに登場したのは、MCのジャルジャルと、アシスタントの佐々木ひろみ、そしてお祭り評論家の山本哲也氏。まず大阪文化芸術フェスについての説明のあと、“祭りの祭り”である本イベントの内容にも触れられました。

そして、オープニングセレモニーとして、『泉州YOSAKOIゑえじゃないか祭り』による、よさこい演舞が行われます。山本氏から『よさこい』そのものについての説明に加えて、『泉州YOSAKOIゑえじゃないか祭り』は、大阪府泉佐野市で行われている関西最大級のよさこい祭りであることや、2025年の大阪万博を盛り上げる活動をしていることなどが説明され、『夢源風人(むげんかじぴとぅ)』、『泉州よさこい連 彩(さい)』という2つのチームが演舞を披露。ちびっこも含めたメンバーがカラフルな衣装に身を包んで踊るYOSAKOIは華やかのひと言。最後は2チーム合同での踊りを見せ、会場から大きな拍手を浴びていました。

続いては、『ミッション・ザ・サンバ』と題して、毎年夏に浅草で開催されている『浅草サンバカーニバル』から『カンタブラジル行進部』とのコラボステージが行われます。ステージには、先ほどの4人に加えて、ゲストのシャンプーハットこいでが登場。こいでの「ぺろんちょです」の挨拶に、会場からは拍手が起こります。『浅草サンバカーニバル』は北半球では世界最大規模のサンバカーニバルであることを山本氏が説明。そしてカーニバルでは審査の結果、リーグの入れ替えが行われることなどが伝えられると、こいで、ジャルジャルもビックリの表情です。

今回は観客参加型ステージということで、ステージに上がった観客がくじ引きで決まったミッションにチャレンジ。成功するとスペシャルなプレゼントをゲットできるとともに、サンバ隊が大いに祝福してくれます。まずはお手本として、こいでと福徳が“マシュマロキャッチ”にチャレンジ。こいでがマシュマロを投げると、見事に福徳がキャッチ! 祝福のため『浅草サンバカーニバル カンタブラジル行進部』の面々がステージへ。と、どこかで観た顔が……。上沼恵美子さんのモノマネで登場したのは天才ピアニスト・ますみ。行進部といっしょにチャレンジを盛り上げてくれます。それからちびっこたちが“けん玉一発成功”“テーブルクロス引き”などに挑戦。こいでのジャッジで成功のハードルを低くしつつ、全員が見事に祝福&プレゼントをゲットしました。

続いては、櫓ステージにて『MAN or the ラストサムライ祭り』が行われました。このイベントは、当たっても痛くないスポンジの刀を持ち、反対側の腕に命(カラーボール)を取り付けて、大人数で戦う、体験型アクティビティ。参加者同士でチャンバラ合戦をし、まるで戦国時代の戦いを思い起こさせますが、世界一平和な戦を楽しめます。最後まで腕に命(カラーボール)を落とさなかった人が優勝です。山本氏が、「MAN or the LAST 侍」の考案者で、チャンバラ合戦-戦 IKUSA-という団体を主催する蘭丸氏を紹介。さらに佐々木が、一緒にイベントを盛り上げてくれる芸人、シャンプーハット・こいでを呼び込みます。櫓の下の広場(戦場)には、一般参加者約50名が集結。赤い命(カラーボール)を付けたAブロックは、ちびっこや女性、男性と年齢も様々。ホラ貝の音を合図に試合開始。早速、命を落とされるちびっこや俊敏な動きで前後の敵を交わす女性、後から不意打ちされる男性など、見ているとどこかドッチボールを思わせる場面もあります。ちびっこが狙われそうになるとお父さんが助けに来るなど、家族の連携プレイも見られました。Aブロックは女性2人、男性1人の3人が勝ち抜き、決勝戦に進出しました。

次のBブロック参加者のなかにはシャンプーハット・こいでの姿もあります。個性豊かな参加者がそろうなか、こいではいきなり命を落とされ退散。櫓に戻ります。結局、女の子と少女、少年の3人が大人たちを負かし、勝ち残りました

ここから決勝戦開始。家族代表の女の子が俊敏な動きで見事に敵を巻き、ギャラリーから歓声が上がります。最後は男女の一騎打ちとなり、2019年の「MAN or THE LAST侍」が決まりました!

優勝者に副賞の模造刀が授与されたあと、全員で記念撮影。負けたみんなもいい笑顔で、「世界一平和な戦」を楽しみました。

続いては『阿波おどり 演舞』です。まず山本氏から阿波おどりについて解説があったあと、関西阿波おどり協会から南大阪連(みなみおおさかれん)、大阪天水連(おおさかてんすいれん)のメンバーが登場、演舞を行いました。舞台に太鼓、三味線、笛、鐘の音色が響くと、女性たちがしなやかな動きで舞い始めます。それから男性陣も登場、歌も披露されるなど、阿波おどりの魅力をしっかりと感じさせてくれました。そして、元気と明るさ、笑顔が大切というアドバイスが送られたあと、踊り子たちが会場へ。観客もいっしょに阿波おどりを楽しみました。

引き続き、ステージでは『エイサー 演舞』が行われます。阿波おどりと同じく、山本氏からのエイサーについての説明があり、そのあと『琉球國祭り太鼓』のメンバーによる演舞が行われました。ステージにはまず獅子が登場し、激しく動き回る演舞からスタート。沖縄の獅子に頭を噛まれると、健康に過ごせる、頭が良くなると言われていることも伝えられました。獅子のあとはステージにメンバーが整列。華麗な演舞を見せてくれました。

続いてのステージでは『寶船パフォーマンス』が行われます。『寶船』は“創作舞踏集団”として1995年に東京で発足、“世代や性別、言葉や思想、肌の色や生まれた場所が違っても、根底で人はつながり、喜びを共有できるはず”というコンセプトなどが紹介され、早速演舞が行われます。スピーディな太鼓や鐘に合わせて、キレのある踊りを見せたかと思うと、大道芸的な技も披露。個性的なパフォーマンスで会場をしっかり楽しませました。

続いては、大阪府天神で開催されている『天神祭ギャルみこし』とのコラボステージの『ギャルの中のギャルを決めろ!No.1ギャル決定戦』。今回は38人のギャルが様々な難関にチャレンジ、No.1ギャルを決定します。ステージでは「わっしょい、わっしょい!」の掛け声とともに、神輿をかついだギャルが登場、200kgあるという神輿を高く持ち上げ、会場を盛り上げます。そして『椅子取りサバイバル』、『バランスボールサバイバル』を行い、ラストステージに進出する2人が決定。最後の対決『勝利を勝ち取れ!ブーケ騎馬戦!!』は一瞬で勝負が決まりました。優勝したギャルはプレゼントを受け取ると「普段は小学校の先生をしています」と明かし、会場を驚かせていました。

すっかり日が西に傾いた午後5時。ステージでは昨日に引き続き、『FM802×BIGIN マルシャショーラ』がスタートします。まずFM802のDJ土井コマキさんが登場し、イベントの概要について説明。そしてBEGINが登場すると、会場から大きな拍手が起こります。ライブは子どもから大人まで世代を問わず楽しめる曲が演奏され、会場は大盛り上がり。『上を向いて歩こう』などのスタンダードから『島人ぬ宝』などのヒットチューンまで、1日目のセットリストから変化を持たせつつ、あっという間に1時間のステージを駆け抜けました。

続いて櫓ステージには河内家菊水丸が登場。太鼓の音に合わせて、自慢の声を響かせます。秋のひんやりとした風のなかで聞く菊水丸の河内音頭はかなりレア。櫓の周りでは、ギャルみこしのほか、今日のイベントの出演者たち、さらに観客も加わって、踊りの輪ができあがります。太陽の塔に見守られながら、全員で秋の河内音頭に興じました。

続いてステージにはスペシャルゲストが。花火の音が鳴り響くと、宮川大輔の登場、「こんなにいっぱい集まってると思ってなかった」と、会場を見て驚きの表情を見せました。ここから秋田の竿燈まつりのスペシャルステージと聞くと、大輔は一回やったことがあると発言、今度はジャルジャルを驚かせます。そして「どっこいしょ、どっこいしょ!」の掛け声を会場といっしょに練習したあと、夜空に竿燈が立つと観客も大興奮。そのあとには昼間に引き続き、『寶船』がステージへ。イベント終盤を大いに盛り上がりました。

櫓ステージにはDJゆりやんレトリィバァが。鮮やかなグリーンの衣装に身を包み、プレイをスタートするゆりやん。早速「広瀬すずです」で笑いを取り、『サークル・オブ・ライフ』を歌い上げます。そして『Boys & Girls』を鳴らしながらの「あゆで〜す!」から、『恋愛レボリューション21』、『ちょこっとLOVE』ではダンスも見せました。『One Night Carnival』ではセリフ部分をオリジナルに買えたほか、曲にのせてネタも披露するなど、ゆりやんワールドを見せつけてくれました。

「みなさん、楽しんでますか〜!」の声でプレイをスタートさせたのはDJ Amigo=鈴木あみ。冷え込んできた気温を感じさせない熱いステージを見せてくれます。笑顔でターンテーブルの前に立ち、観客を盛り上げる姿はクール。ハードなビートに合わせてスモークが噴き上がると、ボルテージもピークに達します。90’sのJ-POPからスタンダードなロックンロール、そしてラストはマイクを持っての『BE TOGETHER』と、ツボを押さえた選曲に会場がひとつになりました。

DJ Amigoのプレイが終わると、ステージ横からはギャルみこしの上に乗ったリーチマイケル(レイザーラモンRG)が。「あみちゃんのあとに、あいつ心臓に毛生えてるな」と大輔も脱帽の登場のあとは、「みんな、いっしょに歌いましょう!」と『ハートスランプ二人ぼっち』からライブがスタート。「二番は探偵ナイトスクープあるあるいくぞ〜!」の声に、会場も声援で応えます。続いては「飛んで飛んで回って回れますか〜!」からの『夢想花』と、円広志さんメドレーで攻めるRG。サビでは観客といっしょに飛んで、回ります。続いての『Queen』の『Bohemian Rhapsody』では、櫓ステージから降り、観客の中へ。最高潮の盛り上がりのなか、フルコーラスを歌い上げ、祭あるあるを披露すると、2日間にわたり行われた『JAPAN FESTIVAL COLLECTION IN OSAKA〜祭りの祭り〜』は終了しました。

  • イベント名
    JAPAN FESTIVAL COLLECTION IN OSAKA ~祭りの祭り~
  • 開催日
    2019年10月26日(土),27日(日)
  • 会場
    万博記念公園 お祭り広場
TOPへ戻る