「秋の音楽会~ドヴォルザーク交響曲~」開催レポート

開催日程:

2021年10月10日(日)

会場:

フェスティバルホール

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により影響を受けている文化芸術活動の機会創出を図り、大阪府民の皆さんに伝統芸能や音楽、アートなど多彩な文化芸術に親しんでもらう「大阪文化芸術支援プログラム2021」。10月10日(日)、その第1弾のプログラムとして「秋の音楽会~ドヴォルザーク交響曲~」がフェスティバルホールで開催されました。

会場では、新型コロナウイルス感染予防のため、座席の使用は1席おきとし、マスクの着用義務化、サーモグラフィーによる来場者全員の検温、コロナ追跡システムへの登録の推奨、客席内での飲食禁止など徹底した対策がとられました。

アントニン・レオポルト・ドヴォルザークは19世紀後期ロマン派のチェコを代表する作曲家。その交響曲第8番と第9番を、大阪を中心に全国で活躍する2つの楽団がリレー演奏する特別企画です。

第一部は、日本センチュリ―交響楽団による第8番の演奏です。隠れた名曲として人気の高い交響曲です。
石﨑真弥奈さんの指揮で演奏がスタート。トランペットによるファンファーレなど、変化に富みながら、穏やかで明るいハーモニーを奏でました。

休憩をはさんで第二部がスタート。関西フィルハーモニー管弦楽団が、ドヴォルザーク最後の交響曲で、クラシックを代表する曲として人気が高い第9番 「新世界より」を演奏。松本宗利音さんのタクトに合わせ、心地よいハーモニーを奏でました。

生のオーケストラを堪能した来場者からは大きな拍手が送られました。

  • イベント名
    秋の音楽会~ドヴォルザーク交響曲~
  • 開催日

    2021年10月10日(日)

  • 会場

    フェスティバルホール

感染拡大防止対策

本イベントの感染予防対策におきましては、業種別ガイドラインに従った取り組みを実施いたします。また、感染拡大の状況によっては、プログラムの中止や延期、実施方法等を変更する場合がありますので、あらかじめご承知ください。
・各プログラムへのご来場時には、マスクの着用、ご入場時等の手指消毒・検温、大阪コロナ追跡システムへの登録等にご協力をお願いします。
・発熱等の症状がある方は、ご入場をお断りする場合がありますので、あらかじめご承知ください。
・各プログラムの定員に達した際は、入場を制限させていただく場合があります。
・一部のプログラムでは、氏名、連絡先等の個人情報をお伺いする場合があります。
・その他、咳エチケットなどの感染拡大防止対策へのご協力をお願いします。

その他

・障がい等により配慮を希望される方は、各プログラムのお問い合わせ先までご連絡ください。
・天候により、一部プログラムの中止・変更をする場合がありますので、あらかじめご承知ください。

TOPへ戻る