1970:2025 過去と現代の対話展

開催日程:

2022年11月5日(土)~19日(土)※月曜日は休館日

会場:

大阪府立江之子島文化芸術創造センター ルーム1(4階)・ルーム4(1階)

1970年大阪万博当時に制作されて大阪府が所蔵する作品を厳選して展示するとともに、「EXPO PARK ART & MUSIC WEEKEND( 10月29日、30日)」にて2025年⼤阪・関⻄万博への機運醸成に向けて制作されたライブペイント作品を展示。大阪万博が開催された1970年当時と、大阪万博跡地である万博記念公園で生まれた作品を通じて、二つの時代背景を感じていただきます。

  • イベント名
    1970:2025 過去と現代の対話展
  • 開催日

    2022年11月5日(土)~19日(土)※月曜日は休館日

  • 開催時間

     10:00~18:00

  • 会場

    大阪府立江之子島文化芸術創造センター ルーム1(4階)・ルーム4(1階)

    大阪市西区江之子島2丁目1番34号

    ACCESS
  • イベント詳細

    ■ルーム1(4階):ライブペイント作品展 from EXPO PARK ART & MUSIC WEEKEND
    万博記念公園で開催された「EXPO PARK ART & MUSIC WEEKEND( 10月29日、30日)」にて制作された、大阪とゆかりのある個性豊かなアーティストによるライブペイント作品を展示。
    「70年代遺産と現代のエネルギー」をテーマに、万博記念公園の壮大な空間や歴史背景とアーティストの個性がぶつかり合って生まれたエネルギッシュな作品により、来る、2025年⼤阪・関⻄万博への機運を感じれる展示です。
    作家:BAKIBAKI (DOPPEL)、Hideyuki Katsumata、kuua、LANP、Mon Koutaro Ooyama (DOPPEL)、NAZE
    ※作品制作前のため、展示作品は変更になる場合があります

     


     

    ■ルーム4(1階):大阪府20世紀美術コレクション展
    大阪府が所蔵する美術作品「大阪府20世紀美術コレクション」から厳選。
    大阪にゆかりのあるアーティストの作品とともに、関西の美術が盛り上がっていた1970年大阪万博当時のトップアーティストによる作品を選定して展示。
    大阪らしい「現代美術」の魅力や1970年代当時のエネルギー溢れる作品をお楽しみいただけます。
    主な展示作品(作家名):上前智祐、嶋本昭三、須田剋太、津高和一、他
    ※展示作品は変更になる場合があります

  • お問い合わせ

    06-7177-6938

  • 主催

    大阪府・大阪文化芸術創出事業実行委員会、大阪府江之子島文化芸術創造センター(enoco)

  • 感染予防対策に関して

    感染防止策チェックリスト(大阪府が定める様式に基づく感染防止策等を記載したチェックリスト)

感染拡大防止対策

本イベントの感染予防対策におきましては、業種別ガイドラインに従った取り組みを実施いたします。また、感染拡大の状況によっては、プログラムの中止や延期、実施方法等を変更する場合がありますので、あらかじめご承知ください。
・各プログラムへのご来場時には、マスクの着用、ご入場時等の手指消毒・検温、大阪コロナ追跡システムへの登録等にご協力をお願いします。
・発熱等の症状がある方は、ご入場をお断りする場合がありますので、あらかじめご承知ください。
・各プログラムの定員に達した際は、入場を制限させていただく場合があります。
・一部のプログラムでは、氏名、連絡先等の個人情報をお伺いする場合があります。
・その他、咳エチケットなどの感染拡大防止対策へのご協力をお願いします。

その他

・障がい等により配慮を希望される方は、各プログラムのお問い合わせ先までご連絡ください。
・天候により、一部プログラムの中止・変更をする場合がありますので、あらかじめご承知ください。

TOPへ戻る