大阪文化芸術創出事業
演劇公演「大阪で創る3つのストーリー」

開催日程:

2023年2月9日(木)~2月26日(日)

会場:

ABCホール、COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

舞台上の人物を通じて人々に感動を伝える「演劇」。動作、言葉、音楽、照明などあらゆる要素が組み合わさって表現する総合芸術です。
大阪を拠点に活動する劇作家、演出家、俳優たちが技術を磨き長編作品として3つのオリジナル公演を実施することになりましたので、ぜひお楽しみください。

  • イベント名
    大阪文化芸術創出事業
    演劇公演「大阪で創る3つのストーリー」
  • 開催日

    2023年2月9日(木)~2月26日(日)

  • 会場

    ABCホール、COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

  • イベント詳細

    ①ゲキゲキ/劇団『劇団』「ベリーベリーハッピー」
    かつて命を救われた僕が「今死にたい」と思っていたら、それは罪ですか?
    過去に起きたある出来事から、⾃分の幸せより他⼈を優先してしまうようになった男・瀧瀬祐⼆(たきせゆうじ)。そんな彼が出会ったのは家出中の⼥⼦⾼⽣だった。取り壊し直前の古いアパートを舞台に、他⼈のために⽣きると誓った男とその彼女、⾵変わりな住⼈達が再び⽣きる意味を⾒つけるまでを描く「しあわせさがし」ストーリー。大阪を拠点に活躍するゲキゲキ/劇団「劇団」の書下ろし新作を大阪の小劇場で活躍する俳優を中心にしたキャストが多数出演。いま大阪でもっとも熱い演劇公演をお届けします。

     

    日時:2023年2月9日(木)~12日(日) 全5公演
    場所:ABCホール(大阪市福島区福島1-1-30)
    作 :小西透太
    演出:古川剛充
    出演:古川剛充/松田悠/さいとうひろき(以上、ゲキゲキ)
    竹下健人(劇団Patch)/坂口勝紀/野村洋希(舞夢プロ)/藤井愛希子/笠松遥未/晨(シンガロンパ
    レー ド)/橋本真衣乃/一ノ瀬あいみ(AROWZentertainment)/鄭梨花
    主催:大阪府・大阪市・大阪文化芸術創出事業実行委員会
    企画制作:ゲキゲキ/劇団『劇団』

     

    <作:小西透太プロフィール>
    作詞家・作曲家・音楽プロデューサー・脚本家。2006年3ピースバンド「サクラメリーメン」のボーカル、ギターとしてビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。CMソングやアニメ主題歌など様々なタイアップを獲得する卓越した世界観を武器に、ラジオパーソナリティや音楽プロデューサーとしての活動と並行し2016年、関西を中心に活動する劇団ゲキゲキに入団。脚本家が音楽を担当するスタイルにより、娯楽性と叙情感を併せ持った作風で幅広い層から支持を受ける。

     

    <演出:古川剛充プロフィール>
    ゲキゲキ/劇団『劇団』主宰・演出家・俳優。企画ユニット「オドリバ企画」代表。
    舞台・映像を問わず演出家・俳優として活動を行い、コロナ禍においては関西で活動する18劇団を集め『ターニングポイントフェス〜関西小劇場演劇祭〜』(2020年)を実行委員長として主催。2022年には企画ユニット「オドリバ企画」を立ち上げ、演劇・音楽イベントの企画・プロデュース面でも意欲的に活動を行う。

     

     


    ②金哲義作・演出「沙也可~海峡を越えた愛~」
    文禄・慶長の役の名で歴史に残る豊臣秀吉の朝鮮出兵。
    戦に反対しながらも一族再興のために、雑賀孫六は鉄砲の技術と腕で参戦する。
    惨劇となった朝鮮の地で孫六は、貧しい村の娘 美姫と出会い、二人は許されない恋の道を歩む事となる。
    孫六は朝鮮の地で「沙也可」と名を変え、戦力が乏しかった朝鮮に鉄砲の技術を教え反撃に力を貸す。
    しかしそれは憎しみに囚われる者と、共に生きようとする者との争いを生む事ともなる。
    物語の力を持って、今を問いながらも、「命を繋ぐ」をテーマに爽快に描く愛と冒険活劇!

     

    日時:2023年2月16日(木)~19日(日) 全5公演
    場所:ABCホール(大阪市福島区福島1-1-30)
    原作:倉科遼
    作・演出:金哲義
    出演:平川裕作(イースター企画)、間淵りく(劇団音速蛹) ほか
    主催:大阪府・大阪市・大阪文化芸術創出事業実行委員会
    企画制作:吉本興業株式会社

     

    <作・演出:金哲義プロフィール>
    金哲義 (キム・チョリ)大阪生まれ。1993年劇団メイ(2002年にMayに改称)結成。座長・作・演出を務め、自身のルーツを題材に人間の立ち位置を問う作品を作り続けている。
    2011年、日本演出者協会主催・若手演出家コンクール2010にて最優秀賞及び観客賞受賞。
    2010年以後は韓国の劇団が作品を上演する機会も増えている。2020年 ”関西演劇祭2020”にて「タンデム・ボーダー・バード」を上演。MVO脚本賞/最優秀演出賞/を受賞。

     

     


    ③劇団そとばこまち「大坂夏の陣」
    ≪世界へ通用する、大阪発歴史スペクタクル。≫
    大阪を拠点に活動する老舗劇団、劇団そとばこまちによる新作「大坂夏の陣」を上演します。
    老若男女を問わず楽しめるエンタメ作品を上演することで、舞台芸術の鑑賞者を増やすとともに、観劇した方が大阪の歴史を知り、興味を持ってもらえるような作品を作ります。また、関西の力を集結し、世界に通用するエンターテインメントを創出するため、出演者を広く募集するオーディションにより門戸を広げ、新人・若手・ベテラン俳優陣を募り、レベルの高い作品作りをめざします。
    「観劇後、明日も頑張ろうと思える作品を作る」をモットーに、大阪、関西、日本、世界を元気にする作品を大阪から発信します。

     

    日時:2023年2月25日(土)~26日(日) 全4公演
    場所:COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール(大阪市中央区大阪城3-6))
    作・演出:坂田大地
    出演:南園みちな、田中尚樹、新谷佳士、くぼたゆういち、和泉、
    オオサワシンヤ、上田一軒(スクエア)、白井哲也、徳城慶太(Production Dayze) ほか
    主催:大阪府・大阪市・大阪文化芸術創出事業実行委員会
    共催:officeヤタガラス/劇団そとばこまち
    企画制作:十三企画、一般社団法人アーツインテグレート

     

    <作・演出:坂田大地プロフィール>
    七代目劇団そとばこまち座長。大学・専門学校講師。
    脚本・演出として数々の作品を執筆。坂田が執筆する『エンターテインメント時代劇シリーズ』は練り込まれたストーリーと鮮やかなダンス、迫力の殺陣が組み合わさり関西最高峰のエンタメ作品として好評を博している。 近年は映像作品にも意欲的に取り組んでいる。

     

  • 料金

    ABCホール/一般:3,500円 U-25:2,500円 ※前売当日共、自由席
    TTホール/前売・S席一般5,500円 A席4,500円(当日500円増)

  • チケット情報

    発売日:ABCホール12月17日(土)/TTホール1月11日(水)
    プレイガイド:チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、CNプレイガイド ほか

  • お問い合わせ

    大阪文化芸術創出事業運営事務局
    06-7177-6938(12月29日~1月3日を除く、平日10:00~17:00)

  • 主催

    大阪府・大阪市・大阪文化芸術創出事業実行委員会
    (※構成団体=大阪府、大阪市、大阪商工会議所、公益財団法人大阪観光局、一般財団法人関西観光本部)

  • 企画制作

    ゲキゲキ/劇団『劇団』、吉本興業株式会社、十三企画、一般社団法人アーツインテグレート

感染拡大防止対策

本イベントの感染予防対策におきましては、業種別ガイドラインに従った取り組みを実施いたします。また、感染拡大の状況によっては、プログラムの中止や延期、実施方法等を変更する場合がありますので、あらかじめご承知ください。
・各プログラムへのご来場時には、マスクの着用、ご入場時等の手指消毒・検温、大阪コロナ追跡システムへの登録等にご協力をお願いします。
・発熱等の症状がある方は、ご入場をお断りする場合がありますので、あらかじめご承知ください。
・各プログラムの定員に達した際は、入場を制限させていただく場合があります。
・一部のプログラムでは、氏名、連絡先等の個人情報をお伺いする場合があります。
・その他、咳エチケットなどの感染拡大防止対策へのご協力をお願いします。

その他

・障がい等により配慮を希望される方は、各プログラムのお問い合わせ先までご連絡ください。
・天候により、一部プログラムの中止・変更をする場合がありますので、あらかじめご承知ください。

TOPへ戻る