Rhizomatiks × ELEVENPLAY × Kyle McDonald “discrete figures 2022version”【共催プログラム】

開催日程:

2022年10月21日(金)、22日(土)

会場:

COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホール

本作は、AIや機械学習などを駆使し、数学的・集合知的な方法を通して身体の動き(ムーブメント)をつくり出すダンスパフォーマンスで、2018年に発表後、ニューヨーク/サンフランシスコ(アメリカ)、バルセロナ/マドリード(スぺイン)、モントリオール(カナダ)、リエージュ(ベルギー)、デュッセルドルフ(ドイツ)、アイントホーフェン(オランダ)、札幌、東京、など全7カ国10都市を巡回し、各地で多くの観客を魅了してきました。

  • イベント名
    Rhizomatiks × ELEVENPLAY × Kyle McDonald “discrete figures 2022version”【共催プログラム】
  • 開催日

    2022年10月21日(金)、22日(土)

  • 開催時間

    10月21日(金) 開場18:00/開演19:00
    10月22日(土) 開場13:00/開演14:00

  • 会場

    COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホール

    大阪市中央区大阪城3番6号

    ACCESS
  • イベント詳細

    10月21日(金)は、一般向けポストパフォーマンストークあり(登壇者:MIKIKO・真鍋大度・石橋素)
    本公演のクリエーションについてアーティスト自ら解説します。

     

    【アーティストプロフィール】
    MIKIKOステージディレクション | コレオグラファー)
    演出振付家。ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」主宰。Perfume,BABYMETALの振付・ライブ演出をはじめ、様々なMV・CM・舞台などの振付を行う。メディアアートのシーンでも国内外で評価が高く、新しいテクノロジーをエンターテインメントに昇華させる技術を持つ演出家として、ジャンルを超えた様々なクリエーターとのコラボレーションを行っている。

     

    真鍋大度(アーティスティックディレクション | 音楽 | ライティング | インタラクションデザイン | ソフトウェアエンジニアリング)
    2006年Rhizomatiks 設立。身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さや、アナログとデジタル、リアルとバーチャルの関係性、境界線に着目し、様々な領域で活動している。

     

    ■石橋素(テクニカルディレクション | ハードウェアエンジニアリング)
    1975年静岡県生まれ。エンジニア∕アーティスト。東京⼯業大学制御システム⼯学科、国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS) 卒。デバイス制作を主軸に、数多くの広告プロジェクトやアート作品制作、ワークショップ、ミュージックビデオ制作など精⼒的に活動を行う。過去に、Ars Electronica 優秀賞、文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞。2015年よりアート、テクノロジー、エンターテイメントを活動の中⼼とした研究開発部門「Rhizomatiks Research」を真鍋大度と共同主宰する。

     

    ELEVENPLAY
    MIKIKO率いるダンスカンパニー。女性ダンサーのみで編成されており、舞台、映像、スチールなど、表現の場を様々に
    持つ。Rhizomatiksとのコラボレーションを多く行っており、”Sónar Festival”,”Festival Internacional Cervantino”,”MUTEK MEXICO””MUTEK Montréal “”Gray Area Festival”に招聘されるなど、活躍の場を海外にも広げ、精⼒的に活動している。

     

    Kyle McDonald(マシーンラーニングディレクション)
    1985年生まれ。アーティスト。openFrameworksなどのアートとエンジニアリングのためのツールキット開発に関わるほか、アーティストが新しいアルゴリズムを創造的に使うことができるようなツールの構築に注⼒している。活動におい
    てはプロセスを重視し、プロジェクトが完了する前からアイデアなどを公開し、共有している。代表作に《People Staring at Computers [2011] 、《LightLeaks [2013] 、《群衆を書き尽くす》 [2015]、《How We Act Together》[2016]など。

     

    ライゾマティクス(企画・制作)
    ライゾマティクスは、技術と表現の新しい可能性を探求し、研究開発要素の強い実験的なプロジェクトを中⼼に、ハード・ソフトの開発からオペレーションまで、プロジェクトにおける全ての⼯程に責任を持ち、人とテクノロジーの関係について研究しながらR&Dプロジェクトや作品制作を行うアーティスト、デザイナー、エンジニアによるクリエイティブチーム。また、外部のアーティストや研究者・科学者などとのコラボレーションワークを通じ、カッティングエッジな表現作品、研究を世の中に発表している。

  • 出演者

    ELEVENPLAY

  • 料金

    一般4,000円 25歳以下1,000円 ※全席自由

  • チケット販売

    9月13日(火)
    https://df2022.peatix.com/

  • お問い合わせ

    discrete figures 2022 大阪公演事務局
    discrete@rhizomatiks.com

  • 主催

    大阪芸術大学アートサイエンス学科

  • 共催

    大阪府・大阪市・大阪文化芸術創出事業実行委員会

  • 企画制作

    ライゾマティクス

  • プロデュース

    一般社団法人 コミュニケーション・デザイン・センター

感染拡大防止対策

本イベントの感染予防対策におきましては、業種別ガイドラインに従った取り組みを実施いたします。また、感染拡大の状況によっては、プログラムの中止や延期、実施方法等を変更する場合がありますので、あらかじめご承知ください。
・各プログラムへのご来場時には、マスクの着用、ご入場時等の手指消毒・検温、大阪コロナ追跡システムへの登録等にご協力をお願いします。
・発熱等の症状がある方は、ご入場をお断りする場合がありますので、あらかじめご承知ください。
・各プログラムの定員に達した際は、入場を制限させていただく場合があります。
・一部のプログラムでは、氏名、連絡先等の個人情報をお伺いする場合があります。
・その他、咳エチケットなどの感染拡大防止対策へのご協力をお願いします。

その他

・障がい等により配慮を希望される方は、各プログラムのお問い合わせ先までご連絡ください。
・天候により、一部プログラムの中止・変更をする場合がありますので、あらかじめご承知ください。

TOPへ戻る